Updates

学院長より

  • 学ぶ力を引き出す「学習力教育」が求められています

  • 日常に溢れる英語、街で見かける外国人、インターネットで世界をネットサーフィン、子供たちは日本にいながら国際体験をしています。

    今後日本は多様な価値観や経歴を持つ人々が活躍するダイナミックな社会に変革して行きます。新しい社会では、多様性を受け入れると共に創造性を伸ばす学習能力を持つ人材が求められます。

    東京インターハイスクールでは生徒たちの「学ぶ力」を引き出し、新しい社会環境で活躍するために必要な「学習力」を育みます。いつでもどこからでも入学して卒業できる、日本の新しい時代の新しいスタイルの学校です。

  • 学院長 渡辺克彦

学習の主体は生徒にあり、学校は彼らをサポートするためにあります

学ぶ人の自己決定を尊重して主体性をサポートする。

学ぶ人の多様な価値観をサポートする。

学ぶ人の学習意欲にあわせてサポートする。

学ぶ人の多様な学習方法を保証して自己表現をサポートする。

学ぶ人のニーズに応え常に彼らをサポートする。

紋章について

一人ひとり異なる学習スタイルを持った地球上の全ての子供達に学ぶ機会を与えるために、東京インターハイスクールは1999年に設立されました。0、1で象徴されるコンピュータ&インターネットを活用しながら、その基本理念の下に集まったひとり一人は独創性をもった人々です。ユニコーンのように清貧で静かな人や、熊のようにたくましく活動する人もいます。

そして、知恵の女神が真理を追究している姿に人々は集います。インディペンダント/ラーニング(自立学習)の実践をテーマに内の象徴図形と外の自然物とのバランスよく配置され、実践学習と、どこにいても学習可能な東京インターハイスクールを表します。 デザイナーのミュリエル・ガチーニ女史はスイスの紋章院に登録された、世界的な紋章デザイナーです。

    • モチーフ
    • 意味
    • Arms/楯
    • 緑地に金のウィンドローズ(風向き指示板)、黒の地球に金の@IHロゴあり。青の外枠に7つのデジタル番号銀の0、金の1のシシンボル
    • Crest/冠飾り
    • 金と緑のリースに拍子が青でタイトルが銀の閉じた本、その本の上にくちばしとつめが金の自然色のフクロウ、知の番人。
    • Supporter/サポーター
    • 向かって左に直立後ろ向き、爪と角が金の自然色,自由の象徴であるユニコーン。 独創性のシンボル向かって右に直立後ろ向き、舌が赤、爪が金で前足の間に旗のポールを持った自然色の熊、本校のあるワシントン州のシンボル的な動物。 三角旗は赤と緑の7つの帯。ポールに近いところに@の金文字シンボル
    • Motto/モットー
    • クリエイティブ・ラーニング

生徒一人ひとりが個別学習計画を基に自分流の学習を 実践して 学習ログとポートフォリオを評価する学校です。

東京インターハイスクールは米国ワシントン州認可校Alger Independence High Schoolの 日本校(東京渋谷)です。 渋谷キャンパスに通学するスクールコースと日本全国並びに海外から入学できるオンラインコースがあり、生徒たちはワシントン州が定める履修単位を修了した時点で卒業します。

オンライン環境を利用するのでいつでも、世界中どこからでも入学して卒業できます。英語又は日本語で学習して単位履修できるので、米国の高卒資格を目指す中で日本の高校卒業程度認定資格試験(旧大検)合格に向けた学習をすることもできます。多くの卒業生は日本の大学に進学しています。

普通の学校が校内授業による教師中心の「Closed Education』だとすると、東京インター ハイスクールは学校外の教材や学習機会を生徒個人のカリキュラムに取り入れる生徒中心の「Open Education』です。入学してから卒業するまでマンツーマンの専任学習コーチが生徒と一緒に目標を定め、カリキュラムを作り、多様な学習方法をサポートします。

スクール生はクラスやフィールドワークに参加してアクティブラーニング(Active Learning)及びプロジェクトベースラーニング (Project Based Learning)を実践します。安心して自由に学べる環境があるので、自分の才能や得意分野を伸ばす生徒が多くいます。

東京インターハイスクールに関心のある方は、当校が定期的に開催している「Learning Success」セミナーにご参加ください。2000年創立以来当校で蓄積したデータ、培ったノウハウ、実践しているメソッドを知れば、東京インターハイスクールが子供たちの「真の学ぶ力」を育む学校であることをご理解いただけます。

Alger Independence High School

  • 米国本校のジョン校長からメッセージ

  • 日本の子供たちに新しい教育環境を提供する東京インターハイスクールに協力できることは光栄です。

    生徒個人のニーズやライフスタイルを軽視し、創造性を否定しがちな従来の高校とは違う自由な学習方法を求め、30年前にアルジャー・インディペンダンス・ハイスクールを開校しました。

    当校は、個人の目標を達成すると共に主体性のある学習者の育成を目指します。学習者が自由と責任ある学習体験を通して人生に必要な自律力と自立力を身に付ける教育を実践します。当校の経験が日本の子供たちの新しい教育に役立つと確信しています。

  • アルジャー・インディペンダンス・ハイスクール 校長 ジョン・ラッキー